幻想入りみたいなのを書いて、製作環境整ったらニコ動でうpする。ただ一人の亡霊を愛する男の物語
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうも、紅幽霊です。

今日はちょっと言わなければならないことがあって。
実はこのブログ、見事に知人バレしました。
どうやらPixivのほうからきたようです。ていうか確定的に明らか。
正直もう付き合うのもいやなんで、ブログを移転する事になっちまいました。
俺自体この知人バレというのが嫌なんです。まったく。
自分が書きたい事はまったく書けなくなるし(実際こういうことがありました)、いちいち文句も言われることもあるので。
はっきり言うならば、話し掛けて欲しくも無いです。
もう某サイトもまた新規の登録とろうかと思ってます。
まぁそういうことなんで。

因みにこのブログは消すかどうかはまだ決めてません、消しちまうとコミュニティの方にも影響来るんで。
コミュの方がついったーやってればそちらで話し合うんですが・・・
まぁそういうことですのでよろしく
スポンサーサイト

【2010/04/03 17:57】 | 雑記
|


紅姫木乃香
ばれちゃいましたか。。。。
ばれると書きにくくなりますよね。。。。

ついったー私やってないのですよ(>_<)
どうしましょう?


紅幽霊
Skypeの俺のコメントをよく見るんだ!
そうして幸せになるのだろうウヒヒ


とろんぼーん。
お久しぶりです。
とろんぼーん。です。
覚えていらっしゃいますでしょうか?
いつの間にやら引っ越していらっしゃってびっくりです。
そしたら、また転移。
もしくは閉鎖だなんて。
ついったー、やってないんですよね…。
何とかしたいです、ついったー。
…、では、失礼いたしました。


†和†
はじめまして^^

コミュのほうから来ました。
自分も知人にブログを見せたくないという気持ちはわかります。

それでは、また来ますね^^

コメントを閉じる▲
話が急すぎる――――
一体俺にどうしろと――――
もったいぶらずに早く言って欲しい。何の素質があるって言うのか。
イライラ・・・

君と、幻想入り5話

〔マヨヒガ中庭〕
紫「さて、と。」
そういうと、彼女が境界を開く。
ズボッ
悟り「!?」
何をするかと思えば、その境界に上半身を突っ込みだした。
悟り「・・・」

あぁ・・・なんかちょっかい出したくなってきた・・・
ちょっと口が歪む。

そろり。
勇華「?」
ウヒヒ・・・思わず顔が・・・

そろり。
目の前には紫さんの下半身。男ならあれをしてやっても良いんだが、さすがに相手は女性だ、セクハラになってしまう
と、なると―――

足を掴む。
紫「!?」
もう遅いッ!!
悟り「それぇっ!」
そのまま境界に向かって押す。
ドスンッ!
紫「いたっ!?」
勇華「ゆかねぇ!?」
悟り「ふぅ・・・」
なんか、すっきりした。まぁ・・・
藍「・・・」
橙「・・・」
紫「・・・」
勇華「・・・」
心の中の俺「謝ッテ!早く謝ッテ!!」

そしてこの四面楚歌状態である。もう遅い・・・

少年(体で)反省中・・・

悟り「すみません・・・もう二度とやりませんごめんなさい生き(ry」
紫「相手を怒らせることはしないことね・・・」
本当に4方向から蹴られるわ殴られるわ。
イライラがすっきりしたことには変わりないんだが、今度は体中が痛い・・・

紫「ちょっと待ってなさい」
また、境界を開く。

少女?捜索中・・・

紫「これこれ」
取り出してきたものは、ビンに詰められた黒い・・・なんだこれ?
すると紫さんが自分の持っていた扇子にそれを付け始めた。
悟り「な、なにやってんすか!?綺麗な扇子なのに・・・」
紫「いーから、黙ってみときなさい。あと、ちょっと袖まくって」
悟り「わかりましたよ・・・」
そうしてなぞの物体をつけた扇子を俺の腕のをなぞるように移動させた。
すると・・・
ote.jpg

腕に変な模様が・・・!
悟り「な・・・なんじゃこりゃぁぁあああああああ!!!???」
別に痛くも痒くも何とも無いんだが、やはりびっくりしてしまう。先ほどまでは何も無かったはずなのに。
紫「大丈夫よ、害は無いわ」
腕をじっと見つめる・・・
紫「貴方にある素質はね、魔法の素質よ」
悟り「・・・は?」
マホウ?マホウっていったらあの・・・
紫「魔法、ね。多分貴方が思ってもらってるとおりのものだわ。」
悟り「俺に?そんなものが?」
いよいよ笑える展開になってきた。
紫「えぇ。でもあっちの世界じゃ魔法は「有り得ないもの」として認識されてきたでしょ?」

確かに―――
あっちの(俺がいた)世界じゃあ魔法って言うと現実じゃ有り得ないものとして思われてる・・・
ゲームやアニメにはたくさん出てる、ファンタジー的なもんだろう。

紫「だから皆気付かないのよ。貴方は自分に魔法の素質があるとか、貴方の友達に素質があるとか思ったことがあって?」
悟り「・・・ない」

当たり前だ、「この世界には有り得ないもの」の素質がこいつにはある、だなんて思うはずが無い。

紫「でもこちらの世界には魔法と呼ばれるものがあるし、この世界の住人はそれを認識しているわ。だから気付くことができた。ただの人間なら連れてこなかったけど、魔法の素質があるのなら、戦力になるわ。だから貴方を連れてきたのよ」
悟り「・・・素質に関してはわかりました・・・しかし」
紫「少し待ちなさい、まだ説明が終わってないわ」

あぁそうだ、一つだけ聞いてないことがある。

紫「で、その腕につけた紋章のことなんだけど・・・勇華」
勇華「(やっとか!?)ん?」
紫「あなた・・・そういえば橙に妖術を教えてもらわなかった?」
勇華「うん、あるけど・・・(何故それを知っているんだ?)」
紫「ちょっと出してみてもらえないかしら?」
勇華「ん・・・ふっ」

勇華が目をつぶって集中すると、手のひらから雷の塊みたいなものが出てきた・・・

集中してみると猫の肉球みたいに見える・・・
紫「それを悟りに渡して」
勇華「うん、わかった・・・」
紫「悟り、貴方は手のひらに何かを「乗せている」感じをイメージしてみて」
悟り「わ、わかった」
そうして勇華から雷で出来た肉球?が渡される。そして、俺は「何かを乗せている」イメージをする。
すると、その肉球?が俺の手の上に乗っている。
紫「普通ならその妖術はあなたに害を及ぼすわ。雷だから・・・感電するとか」

そんな危険なもん渡されたのか俺!?

紫「でもそうはならなかったでしょう?私が貴方の腕につけた紋章はそういうものなの。魔力や妖力を操ったりできるのよ」
悟り「ハァ・・・」

肉球をまわしてみたり、はねさせたりしてみる。ほほう、これはおもしろい。
紫「他にもできることもあるわ、でもそれは今からする質問にいいと言ってくれるなら教えてあげるわ。」

・・・それだ、俺が聞きたかったもの、俺が今迷っていること。

紫「悟り、貴方は異変解決のために私たちに協力してくれる?」
悟り「・・・」

ようやく話が読めてきた。
まとめると俺には魔法の素質があり、それを見抜いた紫さんが今幻想郷にておこっている異変解決の補助の為、俺を呼び出したらしい。話は理解できた。しかし―――――
悟り「・・・少し考える時間をください」
紫「・・・」

そうだ、魔法っていうのは人を傷付けるもの。勇華のあれだって、俺が普通に触ってたらただじゃすまなかったろう。
大きな怪我をしてしまうかもしれない。ただじゃすまない。死ぬことももしかしたらあるかもしれない。無いなんて言い切れない。そんなことを「わかりました、協力します」なんてすぐに答えることは出来ない。

紫「よね。命に関わるようなことをすぐに答えることなんて出来やしないわよね。でも、私たちも急いでいるの。このままだと誰かが傷付くかもしれない。あまり待つことは出来ないわ。」

それもそうだ。しかし・・・

紫「答えは三日後間で待つわ。それでも答えが出てこなかったら、その紋章を外して、元の世界に戻ってもらうしかない」
悟り「・・・分かりました。」

勇華「」

そうして、俺と紫さんの会話は終わった。
俺に重大な迷いを残したまま。

さて、そろそろ昼時なので家に入ろう。そう思い家に入ろうとすると・・・
紫「待って」
悟り「はい?」
まだ何かあるのか?もう面倒事はたくさんだ・・・
紫「貴方が行くのはそっちじゃなくて、こっち」
境界の中へ指を指す。
悟り「・・・」

悟り「はぁ!?

【2010/03/29 21:16】 | 幻想入り
|


紅姫木乃香
幻想入り進んでますねo(*^▽^*)o~♪
私が書いてるのは全然進んでません(>_<)

魔法ですか。。。。
私の幻想入りの主人公はどんな能力にしようか迷っているんですよ。。。。


紅幽霊
今回は説明回になってしまったッ・・・!
うぐぅ

くれぐれも中二にはならないようにね・・・


Raga
おー、五話目だ!
悟り・・・度胸のある子・・!!殴られるだけでよかったね!

これからも頑張って下さい、応援してますゆえ!


悟りのその度胸、



かなりのもんですね^^;w

僕ならそもそも何かを使用とすら思わないかも知れません。(←小心者なので^^;)

毎回本当に面白いですねww
これからは悟りが自殺行為に走らないことを祈ってますww


紅幽霊
悟りにはもっと自殺行為をさせよう・・・

コメントを閉じる▲
どうも、紅幽霊です
幻想入りのほうは今日挿絵描くんで明日かな。
うぐぅ・・・だってリク絵描いてたりしてたんだもん・・・
言い訳乙氏ね俺

替わり、と言ってはなんですが描いた設定の方をうpします
ほれ
sato-ria.jpg

クリックすると大きいので見れるよ!幸せになれるよ!!それではー

【2010/03/28 17:53】 | 幻想入り
|


紅姫木乃香
放電ッ!?
危ない能力ですねwww

でもどこかで見たような??
気のせいかな??


紅幽霊
放電というか・・・感電。
身体能力は普通に上がる程度です。
ていうかこの状態では電気と電磁を操ります


感電w
戦闘中は迂闊に触れないww

身体能力が上がるっていうと
ジャンプ力とか腕力が単純に上がるってことですか?


紅幽霊
う~む

この勇華さんのあれと同調している状態だと力の方にプラスじゃなくて瞬発力とかのほうにプラス
つまり攻撃威力は大した上昇じゃないけどスピードは段違いになるって事。
パンチでもすごい速度とか


紅幽霊
ん?しかしスピードが上がるということは威力も上がるということなんじゃ?う~ん


二回目失礼しますw

それはパンチの「重さ」は上がらないってことにしてみてはどうでしょうか?
実際にどれだけ早くても重くなければ大して痛くはありませんし^^

口出し失礼しました~^^;


紅幽霊
だねー
あと、数値で表すなら

速さ プラス5
力 プラス2
防御 プラス0といったところか

コメントを閉じる▲
ウヒヒwwwサーセンwww

一発変換バトン

地雷バトンです。

辞書機能がどれだけ
優秀なのかを試すバトンです(^^)
書かれている文章を"一度だけ"
変換して書いて下さい

※()は漢字の読み仮名です
()内の言葉を入力して下さい★

神は死んだ(かみはしんだ)
→髪は死んだ
今までありがとうございました

十一時十八分九秒(じゅういちじにじゅうはっぷんきゅうびょう)
十一時二十八分急病
もっぺんいってみろ、なんだって?

君も鏡見に来たの?(きみもかがみみにきたの?)
→君も課が耳に来たの?
・・・

分かったろ離婚は日本の文化だ(わかったろりこんはにほんのぶんかだ)
→分かったロリコンは日本の文化だ
見事に綴さんに一致。ウフフ

ラーメン紫陽花亭 (らーめんあじさいてい)
→ラーメン味最低
また?

見猿言わ猿聞か猿(みざるいわざるきかざる)
→見ざる岩ざる着飾る
失望した

ノリノリで恋したい(のりのりでこいしたい)
→のりの理で恋い慕い
意味フ

ホリエモン大好き(ほりえもんだいすき)
→堀江問題好き
何が好きだって?

ジミヘン(じみへん)
→地味変
変は俺だね

浅香唯(あさかゆい)
→朝痒い
かけ

二往復(におうふく)
→ニ往復
一致

福袋買った(ふくぶくろかった)
→腹部黒かった
サヨリという魚がいてだな・・・

怪盗ルパン(かいとうるぱん)
→カイと売るパン
カイって誰ぞ?

何ぞこのバトン・・・

さて、お次は指名よ!

★口調バトン

   ルール
   *バトンを回す人5人を選択
   *バトンを回したら回した人に報告
   *回された時点から5日以内に書くこと
   *5日以内に書かなければ罰ゲーム
   *バトンを回した人は回した先でルールを守ってるか確認すること

  指定口調→~だからね!! 絶対ツンデレじゃないんだからね!!


  1...回す人

  1、紅姫木乃香さんだからね!!
  2、藍堂あかねさんだからね!!
  無理ならやらなくてもおkだからね!!強制しないんだからね!!



  2...指定口調

  やる場合後ろに「それと便座カバー。」つけなきゃ死刑だからね!!

  

  3...5人の中で最初に知り合ったのは?

  
  ブログだからね!!
   


  4...5 人のイメージカラーは?
 
  紅姫木乃香さん・・・赤だからね! 
  藍堂さん・・・おピンクだからね!!
   
  5...5人と喧嘩したことは?
  
  
  ないんだからね!


   6...5人はどこで知り合った?w

   だからブログだからね!!同じ質問ね!有り得ないネ!!

  7...5人に与える罰ゲームは?


  神になって欲しいんだからね!!意味不明だからね!



  8...最近あった中で一番良かったと思うことを指定口調でw

  うれしいことなんて・・・ないんだからね!!


  9... 自分の一番苦手なものをそれにまつわるエピソードも添えてb
 
   めんどくさいアルヨ!なんねこのクソ長い質問は!
  

  10...明日しようかなーと思っていることは?

  東方ポケ戦アルヨ!!
  

  
  11...今の服装と髪型を細かく伝えてみて!

   半袖アルヨ!!   
   
  12...正直に言うと今の口調が気に入ってしまった

   いい加減にしてください頼みますからめんどくさいであります

口調決まってないwww

【2010/03/27 20:21】 | 雑記
|


紅姫木乃香
「それと便座カバー」。。。。

え~と。。。。

その内やりますwww

コメントを閉じる▲
どうも、こうゆうれ・・・うん、紅幽霊です
最近自分の名前でさえパッと出てこない
ゲェム脳乙

幻想入り五話はおkです、大分安定してきました。
もうそろそろうpろうかな
で、幻想入りも無いのに何で更新したの?って言われたらそれは絵を書いたからです
ほれ
画像1
あれだ、mixiのほうで
リク来たんで描いたんだけども
正直な話、右に行くに連れ集中力が切れて変な絵になってきてます。
魔理沙ェ・・・泣

絵の感想とかヨロシク
それでは

追記
ちょっと待て、
右上から
悟り ルーミア 友2 友3
幽々子 友1 霊夢 魔理沙
の順だから

【2010/03/27 10:51】 |
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。